蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ

講談社文芸文庫

室生 犀星 / 久保 忠夫

1993年5月10日

講談社

1,155円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ある時は“コケティッシュ”な女、ある時は赤い三年子の金魚。犀星の理想の“女のひと”の結晶・変幻自在の金魚と老作家の会話で構築する艶やかな超現実主義的小説「蜜のあわれ」。凄絶なガン闘病記「われはうたえどもやぶれかぶれ」、自己の終焉をみつめた遺作詩「老いたるえびのうた」等、犀星の多面的文学世界全てを溶融した鮮やかな達成。生涯最高の活動期ともいうべき晩年の名作5篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

3

未読

6

読書中

1

既読

12

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください