田村俊子

講談社文芸文庫

瀬戸内晴美

1993年12月10日

講談社

1,650円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

明治十七年浅草蔵前に生れ、昭和二十年上海の路上に死んだ作家田村俊子。自らを信ずるままに、奔騰する愛を生き書いた先駆者田村俊子に、深い愛惜とただならぬ共感を寄せる著者が、故人を知る人を尋ね俊子の足跡を辿り、知られざる生涯を掘り起こした決定版評伝。「田村俊子補遺」及び「田村俊子年譜」を付す瀬戸内晴美の文学的デビュー作。第一回田村俊子賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください