源頼朝(二)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 42

吉川 英治

1990年2月5日

講談社

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

頼朝を描くことは、平氏一門を描くことでもある。また弟義経の数奇な運命にも触れなければならない。-頼朝、13歳。捕われて死すべき命を池禅尼の恩情に救われ、長じて政子との恋に花を咲かす。監視役・北条一族を味方に引き入れた辣腕ー。禅尼の訓誡に背いた石橋山の挙兵。やがて旗下に馳せ参ずる義経一党。運命の皮肉、流転相剋の数々。武将の明暗のうちに、人生を凝視した力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください