新・平家物語(十一)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 57

吉川 英治

1989年8月3日

講談社

850円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

源氏の内輪もめが幸いして、都落ちした平家は急速に勢力を挽回していた。西海は一門の軍事力の温床、瀬戸内には平家の兵船が波を蹴たてて往きかい、着々と反攻の秋を窺っていた。わけて一ノ谷は天険の要害、平家自慢の陣地だった。加えて兵力では、平家は源氏の何倍も優位にある。しかし、地勢と時と心理とは、まったく平家に不利だった。義経軍の坂上からの不意打ちに算を乱して敗走する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

25

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください