私本太平記(四)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 66

吉川 英治

1990年3月5日

講談社

785円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

元弘3年(1333年)は、また正慶2年でもあった。敵味方によって年号が違うのも異常なら、後醍醐帝が隠岐に配流という現実も、尋常の世とはいえない。眇たる小島は風涛激化、俄然、政争の焦点となった。不死鳥の如き楠木正成は、またも天嶮の千早城に拠って、5万の軍勢を金縛りに悩ましつづけている。一方、去就を注目される足利高氏は、一族四千騎を率いて、不気味な西上を開始する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.08

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

23

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年08月15日

名和長年の後醍醐天皇側参戦により、中国地方で地滑り的幕府方の崩壊。摂河泉での楠木正成と幕府方の攻防が長引き、ついに尊氏まで参戦命令が下る。佐々木道誉と腹を割って話し合ったことろでこの巻は終了。後醍醐天皇が何故倒幕の戦を起こしたのか、その大義が疑問。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください