私本太平記(五)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 67

吉川 英治

1990年4月3日

講談社

785円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

18

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年08月15日

丹波篠村での足利尊氏の寝返りと六波羅の消滅、新田義貞の決起と分倍河原における幕府軍の総崩れ。建武の新政の幕開けと恩賞の不平、奥州、鎌倉への親王下向、武士体制の見直しと話は進みます。北条高時って平時なら善良な指導者だったのでしょう。この時代の忠誠心のなさ、生き延びるための無節操さはちょっと醜い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください