私本太平記(六)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 68

吉川 英治

1990年4月3日

講談社

785円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.08

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

21

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年08月15日

建武の新政開始直後もおさまらない護良親王の尊氏への敵意。あちこちでの北条残党の暴発。そして鎌倉を追われた直義を救いに行き兄弟合流する尊氏へ追討令が発せられ、後醍醐天皇との戦いに突入。最初、新田義貞に鎌倉付近まで押されながらも形勢逆転。今度は京まで攻めるが、再び背後から北畠顕家に挟撃され九州落ちでこの巻終了。有能な内政官がいないのが問題か?それとも圧倒的な軍事力がないのが問題か? この時代とこれからはじまる足利幕府のグダグダ感がここから始まるという意味で、よく表現されていると思った。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください