《月》が私を惑わせる

運命のタロット5

講談社X文庫

皆川ゆか

1993年9月5日

講談社

517円(税込)

ライトノベル

なんと、佐倉クンと島津は中学時代につきあっていた。ホモだったなんて…。ところが、佐倉クンは、高校に入学して片桐先輩を好きになり、島津を捨ててしまったんだ。島津が片桐先輩を殺す動機は十分にある。ってことは、〈恋人たち〉の協力者は島津。だけど、“宣告”は一回かぎり。もし、島津じゃなかったら、片桐先輩は生き返らない。〈魔法使い〉vs.〈恋人たち〉の戦いは最高潮。ついに勝負に決着がつくのか-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください