ノルウェイの森(下)

村上 春樹

1987年9月30日

講談社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

彼らの求めたものの多くは既に失われてしまっていた。もうそこから進むこともできず、戻ることもできない、暗い森の奥に、永遠に…。限りのない喪失と再生を描く今いちばん激しい100パーセントの恋愛小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(29

starstarstar
star
3.66

読みたい

11

未読

21

読書中

1

既読

171

未指定

94

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

フライドチキン

(無題)

starstarstar 3.0 2022年05月25日

初めて一通り読み終わりましたが、読み終えてなんだか疲れが残る作品だったかな?と思います。 驚性描写が思っていたよりも多かったのには驚きました、また全体的に暗いかな〜と言う印象です。 ワタナベ、キズキ、直子を中心として描かれるので暗くなるのは仕方ないにしても少し重すぎましたかね。 簡潔に話を整理すると、性=生で生と死は対極にあるものではなく、人が亡くなる描写も多いので死は身近な存在で生の中に死はあると言う事を伝えたいのかな〜なんで思います。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください