走らなあかん、夜明けまで

大沢在昌

1993年12月3日

講談社

1,601円(税込)

小説・エッセイ

坂田勇吉は東京生まれ東京育ち、生粋の東京者だ。27歳、ビジネスマンの彼が、出張先の大阪で、なんと新製品のサンプルの入っているアタッシュケースを不注意で盗まれてしまう。明日の会議に絶対に必要なサンプルだ。残された時間は一晩だけ。土地勘もないこの街で、ひたすら坂田は走る。大沢ハードボイルドの新たなる地平が今ここに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください