平家物語

杉本秀太郎

1996年2月25日

講談社

2,989円(税込)

人文・思想・社会

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」という冒頭の一節から、潅頂巻の「一期遂にをはらせ給ひぬ」まで、『平家物語』を読みほぐしながら、聞こえてくるものに聴き入り、見えてくるものに目をとめ、私たち自身のゆれて定まらぬもの、常ならざるものに向きあった力作エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

わた

平家物語の理解にすごく役立つ

starstarstarstarstar 5.0 2019年06月23日

平家物語を訳すだけでなく、時代背景を含めて解説してくれる本。すごく分かりやすい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください