飛騨国「屈み岩」秘譚

南条範夫

1996年9月30日

講談社

2,029円(税込)

小説・エッセイ

「人体岩石化伝説」を推理する!飛騨山中に残る「屈み岩」は、美しい姫が岩に化した物だという。その姫とは誰か?彼の地には異なる四種類の伝承が残っていた。私が、ルクセンブルク公国で見た“騎士の岩”は、悲しくも美しい恋の伝説に彩られていた。人体岩石化伝説は、日本にもかなり残されていることを知った私は、中でも飛騨山中の“屈み岩”の物語に強く興味を引かれる。美しい姉妹の、美青年をめぐる葛藤を背景にした人体石化の話である。この伝承には古来より四つの異説が並存していた。どの説が本物か。私の真実探求の旅が始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください