萌え立つ山河

藩士堀修一郎の青春

藤井素介

1997年5月22日

講談社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

深溝松平の藩政を救った堀修一郎の「愛と誠」。刈谷から福知山へ、そして島原へ。新封地での藩政の幾多の危機を救い、下級武士から側用人に登りつめた青年藩士の人間的魅力。書下ろし長篇時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください