小説家の起源

徳田秋聲論

大杉重男

2000年4月20日

講談社

2,750円(税込)

人文・思想・社会

徳田秋声、日本自然主義文学への硬直したままの通念を破壊し、秋声のテクストから小説家自身も聞かなかっただろう音を響かせた、意欲的な評論集。「近代小説」批判そのものを根本的に問い直した、群像新人賞当選作『あらくれ』論を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください