田中角栄になりそこねた男

大下英治

2002年11月21日

講談社

2,090円(税込)

人文・思想・社会

恫喝と懐柔、口利きによる利権政治、カネのバラマキで人心掌握。角栄にあこがれ、角栄型政治こそ王道と信じて突っ走った鈴木宗男。“陰の外相”にまでのし上がった男の野望と転落を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください