野中広務差別と権力

魚住昭

2004年6月30日

講談社

1,980円(税込)

人文・思想・社会

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

面白さは抜群。シマゲジの嘘の上塗り GEのロスのヘッドクォーターで中継中継を見ていた。細川内閣の国民福祉税が潰えたのは、小沢一郎が武村を蚊帳の外に置いて進めたが、立往生したため。細川護煕の退陣は、表に出せないスキャンダルを野中広務がチラつかせて、辞任に追い込んだ。等々 ジェラルド L カーティス 永田町政治の興亡で、もし、戦後日本の経済成長がよく言われるように 奇跡であったとするならば、それは急速に成長したことではなく、高い成長率とより平等な社会を同時に実現したことである。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください