暁けの蛍

朝松健

2006年2月28日

講談社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

淀川河口に近い渡し場でめぐり会った一休と世阿弥。船を待つ間、二人は半生を語り合う。瀬田の大橋での「野守」、「一節切」の笛、風の乙女…記憶と夢は互いに溶け込み合い、重なって、48年に一度、二十三夜にだけ渡ることのできる暁蛍楼へと辿り着く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください