贖罪の奏鳴曲

中山七里

2011年12月31日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があったー。「このミス」大賞受賞作家による新たな傑作誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstar
star
3.63

読みたい

6

未読

6

読書中

2

既読

129

未指定

72

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください