希望の獅子

本城雅人

2012年9月30日

講談社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

1981年、横濱。獅子として舞う3人の高校生がいた。ならず者の志龍、抜群の運動神経を持つ亮仔、度胸のある将一。彼らは中華街を縦横無尽に駆け、悪さをし、恋をした。2012年、横濱。31年間消息不明だった男が、死体となって発見された。被害者の渾名は亮仔。神奈川県警の山下は、加賀町署のベテラン刑事、樋口と組み捜査する。最後に彼を目撃したのは、獅子舞を演じる高校生だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください