時の審廷

芦辺 拓

2013年9月26日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

盤石の地位を保ってきた政権党から第二党への初めての政権交代なるかが注目された総選挙の投開票日に、大地震発生の報が。同日、弁護士兼探偵の森江春策に「日本分断」と告げる謎の電話があった。一方、昭和24年。大量殺人事件・大都銀行事件の取材にいそしむ仮名文字新聞記者の和智雄平にも、戦前に赴任したハルビンの知人から「日本分断」という電話がー。戦前のハルビン、戦後の日本、そして現代ー。謎に満ちた事件が起こり、交錯するとき、日本を震撼させる出来事が明かされる!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.95

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください