しんがり 山一證券 最後の12人

清武 英利

2013年11月14日

講談社

1,980円(税込)

小説・エッセイ / ビジネス・経済・就職

「俺たちで決着をつけよう」会社の消滅時に、最後まで意地を貫いた社員の物語。16年前、四大証券の一角を占める大手、山一證券が金融危機のさなかに破綻した。幹部たちまで我先にと沈没船から逃げ出すなか、最後まで会社に踏みとどまり、真相究明と顧客への清算業務を続けた社員たちがいた。彼らは社内から「場末」と呼ばれ、煙たがられた部署の連中だったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

31

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください