星籠の海 下

島田 荘司

2013年10月4日

講談社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

複数の死亡事件の背後に見え隠れする、ある団体の影ー疑惑の究明に動きながら、御手洗潔は事件関係者の大学助教授とともに、幕末に老中首座を務めた福山藩主阿部正弘と、かつて瀬戸内を制した水軍の秘密に迫っていく。そこに、鞆に暮らす革職人一家が襲われる凄惨な事件が発生。これを糸口に、御手洗の推理で炙り出される事件の全容。そして「潮待ちの港」の歴史に秘された奇跡とはー!?御手洗潔、国内編最終章。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstar
star
2.97

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

52

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

M

いつか行ってみたい

starstarstar
star
3.5 2019年03月25日

島田荘司『星籠の海 上/下巻』 御手洗、石岡が瀬戸内海を舞台に「時計仕掛けの海」の謎に挑む。御手洗はこの翌年には日本を離れるので、2人で追いかけた最後の事件となる。謎は時空を超えて村上水軍、黒船来航時代まで遡る。大好きな御手洗潔シリーズ、大切に噛みしめるように読んだ。同時にストリートビューで、彼らが歩いたであろう道を辿り、景色を楽しんだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください