天子蒙塵 第二巻

浅田 次郎

2016年12月7日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

父・張作霖を爆殺された張学良に代わって、関東軍にひとり抗い続けた馬占山。1931年、彼は同じく張作霖側近だった張景恵からの説得を受け、一度は日本にまつろうがー。一方、満洲国建国を急ぐ日本と、大陸の動静を注視する国際連盟の狭間で、溥儀は深い孤独に沈み込んでいた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.63

読みたい

8

未読

2

読書中

1

既読

29

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください