虚の聖域 梓凪子の調査報告書

松嶋 智左

2018年5月17日

講談社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

元警察官にして探偵・梓凪子に舞い込んだ依頼は最悪のものだった。理由はふたつ。ひとつは、捜査先が探偵の天敵とも言える学校であること。もうひとつは、依頼人が、犬猿の仲である姉の未央子であること。大喧嘩の末、凪子は未央子の息子・輝也の死を捜査することになる。警察は自殺と判断したにもかかわらず、凶器をもった男たちに襲撃された凪子は、事件に裏があることを確信するがー。責任を認めない教師、なにかを隠している姉、不可解な行動を繰り返す輝也の同級生ー。すべての鍵は、人々がひた隠しに守っている心のなかの“聖域”だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

18

未読

6

読書中

0

既読

10

未指定

34

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

政宗九

書店員@

(無題)

starstarstarstarstar
5.0
0
2020年01月02日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください