源氏物語(巻8)

紫式部 / 瀬戸内寂聴

1997年12月31日

講談社

3,080円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

玉鬘の大君が冷泉院の姫君を出産、中の君が尚侍となる。薫は、親交を深めた宇治の八の宮の姫君たちが琴を合奏しているのを垣間見。弁の君が薫にその出生の秘密を明かし、柏木の遺書を手渡す。八の宮の死後、大君は薫の求愛を断り、間もなく死去。匂宮が中の君に求愛。竹河〜総角。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください