死を呼ぶ遊戯(ゲーム)

新・霊感探偵倶楽部

講談社X文庫

新田一実

1996年10月5日

講談社

533円(税込)

ライトノベル

街路樹や道路標識などに心臓を直撃される死亡事故が、横浜を中心に相次いでいた。時を同じくして霊媒体質の吉川が、病院で会った“心臓を食べる化け物”に怯えを見せる。ちょうどそのころ修一と翔吾が、パソコン通信関連の異様な相談を持ちかけてきた!!パソコン通信の殺人ゲームどおりに次々と起こる、悲惨な事故死や突然死。ゲームの仕掛け人は誰なのか?吉川の見た化け物は、はたして殺人ゲームに関係しているのか…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください