110番は甘い鼓動

講談社X文庫

井村仁美

2001年2月28日

講談社

693円(税込)

ライトノベル

交番の勤務を無事に終え、念願の刑事課に配属された伊藤和久・二十四歳。ところが高石警察署の面々は、お人好しの和久が来たことに不安を隠せない様子でー。やがて、管内で謎の空き巣事件が相次いで起こりはじめる。花屋を営む剣持薫は、多忙な和久になかなか会えず、思わぬ場所でいきなり彼を押し倒した。「お預けの連続で、おかしくなりそうだよ」薫の熱ぽっい声が和久の耳朶をくすぐり…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください