空音

講談社X文庫

月夜の珈琲館

2002年12月31日

講談社

693円(税込)

ライトノベル

絶望を乗せて山頂のクリニックへと向かう一台の車。混沌の中で彷徨う氷沼彰に、医師が処方した薬とは?音楽の中で生きる男たちの生きざまを描いた表題作『空音』。恭介が内科のプリンス・菊地に出会い、彼の恋人に興味を示すエピソードを含んだ、大人気“N大附属病院シリーズ”『紳士の条件』。そして初期作品を加筆・再編集した『夢の後ろ姿』を特別収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください