昔話の深層 ユング心理学とグリム童話

ユング心理学とグリム童話

講談社+α文庫

河合 隼雄

1994年2月15日

講談社

1,034円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

人間の魂、自分の心の奥には何があるのか。“こころの専門家”の目であのグリム童話を読むと…。生と死が、親と子が、父と母が、男と女が、そしてもう一人の自分が、まったく新しい顔を心の内にのぞかせる。まだまだ未知に満ちた自分の心を知り、いかに自己実現するかをユング心理学でかみくだいた、人生の処方箋。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.3

読みたい

10

未読

2

読書中

0

既読

27

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あまり

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年07月10日

ユング心理学で読むグリム童話といった趣の本だけれども、分析というよりはエッセイ風の軽い文章で非常に読みやすくまたわかりやすい。ユング心理学の入門としても良い。日本の昔話との比較もあり、文明論として読むのもなかなかに興味深い。フロイトと違って、女性の問題についても取り上げられている点がユングの秀逸なところと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください