離散数学「数え上げ理論」

ブルーバックス

野崎 昭弘

2008年11月21日

講談社

1,210円(税込)

科学・技術 / 新書

すべての情報を「0と1」の組合せで表すコンピュータの普及で、重要性が見直されている離散数学。離散数学の中核にあるのが「数え上げ理論」である。予備知識のいらないやさしい問題で分割数、フィボナッチ数、カタラン数に触れたあとには、数え上げ理論の三種の神器である包除原理、差分方程式、母関数の理論を紹介。その奥深い魅力が、充分に味わえる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

1

既読

2

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください