マンガで読むマックスウェルの悪魔

ブルーバックス

月路よなぎ

2011年11月30日

講談社

946円(税込)

漫画(コミック) / 科学・技術 / 新書

熱いお茶が冷めるのも、部屋が散らかってしまうのもエントロピー増大が原因です。言葉だけは知っているエントロピー。分かったような、分からないようなエントロピー。この際、マンガで簡単に理解しよう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年01月15日

・熱力学第一法則…エネルギーは形態が変わっても全体の量は変わらない。エネルギー保存則とも。 ・熱力学第二法則…平均化されたエントロピーは勝手に元に戻ることはない。常温まで下がったぬるま湯が周りの室温だけで再び熱湯になることはない。 ・エントロピーが高いということは均質化されているということ。エントロピーが小さい=偏りが大きい ・エネルギーの大きい、つまり温度の高い分子からなら大きな力を引き出せる ・熱力学第一法則の永久機関は、外部からのエネルギーを供給されなくても仕事を続ける機関。存在しない。 ・第二法則の永久機関は、受け取った熱を全て仕事に変える機関 ・働くこと、学ぶこと、絵を描くこと、文字を文章にすることは総じてエントロピーの減少化である➡︎💬具体化はエントロピーの減少?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください