母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘

こころライブラリー

熊谷 早智子

2011年11月30日

講談社

1,430円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

娘たちが母から解放されるためには、二つのことに気づく必要がある。「私の母はモラ母だ」ということと、「自分は母に愛されていなかった」ということだ。本書に登場する娘たちは、気づくことで母との決別への意志が生まれること、そして生き直すためのスタート地点に立てることを証明してくれた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください