鷲の歌(下)

大衆文学館

海音寺潮五郎

1995年9月30日

講談社

789円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

琉球の苦衷を察した薩摩の新代官・市来四郎は、架空国家トカラを作り対外貿易に利用するが、琉球王朝内の薩摩憎しの声は押えきれない。一方、薩摩藩内にも島津斉彬の積極貿易をめぐる対立が顕在化していた。しかし、思いもかけぬ斉彬の急死が、状況を一変させた。衝撃的な運命が市来や琉球の親薩摩派親方たちの上に降りかかる。史伝文学の巨匠が万感の想いをこめて描き上げた幕末琉球の悲劇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください