光と影の武蔵

切支丹秘録

講談社文庫

井沢元彦

1995年12月31日

講談社

598円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸の初め、幕府にはキリスト教の布教を隠れ蓑にスペインが日本征服を狙っているとの危惧があった。幕府を支持する一派は、兵法家として名の通った宮本武蔵の贋者を使い、異教徒狩りをおこなっていたのだ。本物の武蔵は贋者を追ううちに政争に巻き込まれていく…。風雲の時代に生きた剣豪を描く歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください