ブルー・マン

神を食った男

講談社文庫

菊地秀行

1995年12月31日

講談社

469円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

希代の美少年にして殺人嗜好症という八千草飛鳥は、18歳にして57人をナイフで解体した人食い鬼だ。古代より日本を闇から支配した神が出現したとき、飛鳥はその神を食ってしまった。太古の神と合体した美貌の殺人鬼は、銀色に光るナイフを胸に日米特殊能力諜報機関と対決する。菊地ホラー小説の新生面。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください