夜行列車

講談社文庫

森村誠一

1995年12月31日

講談社

448円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

樹齢八百年といわれる金木犀の強い芳香に魅き寄せられるように、新宿発の最終夜行列車で夜明けの信州を目指し一人旅に出たOL中瀬恵子はふっつりと消息を絶った。恵子の行方を追った父正治も金木犀の大樹の傍で轢死した。正治と夜行列車で出会った北里は二人の死の背後に潜む不倫の男女を追ったが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください