尾道・倉敷殺人ルート

講談社文庫

西村京太郎

1996年12月15日

講談社

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

倉敷へと向うツアーの一行が、バスごと消息を絶った。旅行会社に要求された身代金は1億円。三日後バスジャックとは知らぬ乗客・乗員が全員解放された。犯人と覚しき男女が事故死を遂げて捜査は収束に向うかに見えたが、十津川警部は三日間の空白に疑問を持つ。事件の真相を追う十津川の前に第二の殺人が。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください