高杉晋作(上)

講談社文庫

池宮彰一郎

1997年9月15日

講談社

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

吉田松陰に十八歳で出会い教えを乞い以降維新革命に尽瘁、二十八歳でこの世を去った高杉晋作。その尊王倒幕の運動によって盤石の徳川幕府はついにゆらぎ、倒壊は時間の問題となったのだ。時代を駆け抜けた傑出した人間の型破りの青春の客気を、晋作自身の視点を通じ描く断然面白い新しい歴史小説の誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

12

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください