孤島

講談社文庫

津村秀介

1998年7月15日

講談社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

男は名前をもたなかった。過去を消し去り汚れたレインコートをまとって、深い闇の中を夜汽車に揺られていた。他人になりすまし、母の死んだ孤島をひたすらめざした。自分は、いったいどこにいるのか、私とは何か?自己存在の謎に挑む壮大なミステリーの実験。埴谷雄高、鮎川哲也氏絶賛の『裏街』に続く第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください