小説角栄学校

講談社文庫

浅川博忠

1999年5月31日

講談社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

永田町で日本を動かす者たちはこの男を“師”と仰いだ。竹下登、細川護煕、羽田孜、橋本龍太郎、小渕恵三と五人の首相を輩出し、娘・真紀子へと連なる「角栄学校」とは何だったのか。戦後最強の政治家の実像と門下生たちの分裂抗争を描く。橋本退陣、自自連立の二章を書下ろし、“角影政治”の実態を抉る実録小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください