果つる底なき

講談社文庫

池井戸 潤

2001年6月30日

講談社

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「これは貸しだからな」。謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった…。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ一人、銀行の暗闇に立ち向かう!第四四回江戸川乱歩賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(68

starstarstar
star
3.69

読みたい

22

未読

42

読書中

2

既読

467

未指定

430

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (6)

NOB

主人公はとても銀行員とは思えません

starstarstarstarstar 5.0 2021年01月11日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年04月05日

ハードボイルド的なミステリー。 はらはらします。 サキ、かわいい。

全部を表示

かぺ

事件色強め

starstarstar 3.0 2018年12月22日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

新しい?本来は?

starstarstarstar 4.0 2018年07月18日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Haba Masato

(無題)

starstarstar
star
3.9 2018年04月14日

デビューのきっかけとなった作品です(>_<) 銀行員でありながら様々な痕跡を 追っていくのは面白いです! 同僚の坂本さんからの引っ越し後の手紙のメッセージが 印象的です!

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2017年07月15日

どきどきした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください