偉物伝

講談社文庫

童門冬二

2001年6月30日

講談社

691円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

一休さんは情にあふれた女好き、志賀島の金印を鑑定した学者・亀井南冥、問題児を扱ったら超一流の冴えを見せる酒井家家老・河合寸翁ー歴史を形づくる“いぶし銀”のひとコマ。江戸時代を中心に、キラリと光る才能、実力を発揮した十一人を描く。今だからこそ学びたい賢人、傑物たちの処世術。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください