八月のマルクス

講談社文庫

新野 剛志

2002年6月15日

講談社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

レイプ・スキャンダルで引退したお笑い芸人・笠原雄二。今は孤独に生きる彼を、元相方の立川誠が五年ぶりに訪ねてくる。だが直後、立川は失踪、かつてスキャンダルを書き立てた記者が殺された。いわれなき殺人容疑を晴らすため、笠原は自らの過去に立ち向かう。TV・芸能界を舞台に描く江戸川乱歩賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar 4

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

14

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください