第一級殺人弁護

講談社文庫

中嶋博行

2002年7月15日

講談社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

自白した被疑者がなぜ無罪に!?救済されるべき被害者に法はいったい何ができるのだろうか。金融犯罪、中国系マフィア、そして快楽殺人。イリーガルに挑む刑事当番弁護士・京森英二が直面した事件は、日本の社会病理と深く係わっていた。現役弁護士ならではの精密な筆致で描く傑作リーガル・サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

4

未指定

8

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

法律を通して、時代の先を見抜く

--
1
2020年01月31日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください