自民党・ナンバー2の研究

講談社文庫

浅川博忠

2002年7月31日

講談社

607円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

日本政治の失われた十年。その原因は秀れたナンバー2の不在だ。剥出しの権力欲が激突する自民党内で、無念にも仆れた者、あえて補佐役に徹して身を全うした者…。彼らが「戦後」を動かした。保守合同の立役者、緒方竹虎、三木武吉、大野伴睦から平成の小沢一郎、加藤紘一まで三十人の列伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください