支店撤退

銀行の内幕

講談社文庫

荒和雄

2002年10月31日

講談社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

銀行上層部は大蔵省や政界の顔色をうかがい、生け贄を差し出すように、老舗支店の閉鎖を決定した。「なぜ俺の店が切り捨てられるのか」-ふるさと再生に燃え、業績を向上させても、地元出身支店長の奮闘は顧みられない。中小企業への貸し渋りなど、悔恨の思いを込めて銀行の非情な内幕を暴く経済小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください