小説ペイオフ

通貨が堕落するとき

講談社文庫

木村剛

2002年10月31日

講談社

827円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

二〇〇三年一二月三〇日、銀行一斉モラトリアム宣言へ。そして〇四年三月末、ペイオフ凍結が解禁されるー。日本の金融システムが機能不全に陥るまで、政府、日銀、与党、そして破綻銀行は「迷走」を繰り返してきたかに見える。だが、このシナリオには陰の「演出者」がいた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください