世紀末の隣人

講談社文庫

重松 清

2003年12月15日

講談社

607円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

池袋の通り魔、音羽の幼女殺人、少女監禁、カレー事件、リストラ、田舎移住、ニュータウンの三十年…。世紀末の一年の事件は、二十一世紀のいまも「現役」。遠くて近い隣人たちのドラマに寄り道しつつ迫ってみると、そこにはあなたとよく似た顔がー。直木賞作家による異色ルポルタージュ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

7

読書中

2

既読

7

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

starstarstar 3.0 2021年03月21日

ルポルタージュやから感覚掴むのに少し時間がかかった。 こーいう感じかと理解してからはすっと入ってきた。 人が犯罪を犯す過程を考察していく。そんで犯罪をした人は特別ではなく自分だったかもしれないしすぐ近くの人かもしれないってメッセージ。 おじさんおばさん世代のほうがピンと来る気がする。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください