QED 東照宮の怨

講談社文庫

高田 崇史

2004年3月31日

講談社

924円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「三十六歌仙絵」を狙った連続強盗殺人事件が発生。不可解な事件の手がかりは意外にも日光東照宮にあった。「陽明門」「山王権現」「三猿」「北極星」「薬師如来」「摩多羅神」「北斗七星」。桑原崇が東照宮に鏤められた謎を解き明かした時、天海僧正が仕掛けた巨大な「深秘」が時空を超えて浮かび上がる。好調シリーズ第4弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.3

読みたい

0

未読

9

読書中

0

既読

214

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください