分冊文庫版 絡新婦の理(四)

講談社文庫

京極 夏彦

2006年2月28日

講談社

764円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「あなたがー蜘蛛だったのですね」。桜の森の満開の下に響く京極堂の声。いまや恐るべき大計は成就した。だが、何故にかくも累々たる骸が晒されねばならなかったのか。神代の昔から続く理を開顕した陰陽師の発する哀しい問いに「真犯人」の答えは…。古今未曾有、瞠目の構造を織り上げた京極文学の金字塔。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.8

読みたい

1

未読

4

読書中

0

既読

27

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください